RetailNext

私たちは、シリコンバレー発 ”従来のカスタマージャーニーを、テクノロジーを使うことで超えて行ける” 『実際の店舗に来店する顧客行動データの可視化』小売 x Tech 企業です。 ”『店舗分析ソリューションベンダー』の 私たちだからこそ” の コンテンツをお届けします。

RetailNext

私たちは、シリコンバレー発 ”従来のカスタマージャーニーを、テクノロジーを使うことで超えて行ける” 『実際の店舗に来店する顧客行動データの可視化』小売 x Tech 企業です。 ”『店舗分析ソリューションベンダー』の 私たちだからこそ” の コンテンツをお届けします。

マガジン

  • 【ご紹介】 RetailNext パートナー企業

    小売業向け IoT プラットフォームを提供するパイオニアであるシリコンバレー発 RetailNext は、日本市場での実店舗運営事業会社が求めるサービス提供の仕方に合わせ、さまざま な 実績を持つ パートナー企業と連携をしています。 RetailNext Japan が 信頼し、共に成長していきたいと考えている、パートナーを紹介していきたいと思います。

  • RetailNext 本社 関連情報

    この度、RetailNext (https://retailnext.net/)の Webサイト が、 本社 米国 シリコンバレー リニューアルされました。 現在、日本語ページは、鋭意作成中!ということで、 簡単なRetailNextのご紹介を、こちらのBlogサイトで行いたいと思います。 こちらの ”マガジン” では、 それでは、「会社の始まり」 から「世界でのRetailNextでの活動」などをまとめます。

  • 応援企画!

    新たな生活様式に合わせた、お店作りをお手伝いしたい。その想いで、有店舗事業者の皆さまへの応援企画開始します!

【ご紹介】 RetailNext パートナー企業

小売業向け IoT プラットフォームを提供するパイオニアであるシリコンバレー発 RetailNext は、日本市場での実店舗運営事業会社が求めるサービス提供の仕方に合わせ、さまざま な 実績を持つ パートナー企業と連携をしています。 RetailNext Japan が 信頼し、共に成長していきたいと考えている、パートナーを紹介していきたいと思います。

すべて見る
  • 7本

【Partner News】株式会社クレスト が 『店舗リニューアルサポート~アシックス原宿 フラッグシップ店~AIカメラに基づく分析を活用。OMO型店舗開発ソリューション提供開始』

RetailNext Japan の パートナー企業である 株式会社 クレスト が 『店舗リニューアルサポート~アシックス原宿 フラッグシップ店~AIカメラに基づく分析を活用。OMO型店舗開発ソリューション提供開始』を 発表しました。 有店舗事業者 さま から サイネージ や 什器のレイアウトへのお困りごとを、RetailNext の 活用方法のお問合せも、数多くいただいてまいりました。 その中で、本件のような活用方法を実装できる パートナーがいるというのは、大変 心強く

スキ
2

【Partner News】株式会社GRoooVE 代表取締役 田村 氏 が ”STORE UPDATE DAY 2022”にて、登壇決定!

RetailNext の 日本 取扱い実績 ダントツ No.1 の RetailNext パートナー企業 である 株式会社 GRoooVE。 わたしたち RetailNext の 起業の成り立ち。技術の進歩。市場の成長度など、どんな角度でも、常に 理解を深め、共に歩んでいただける 心強い パートナー企業です。 特に 2020年からは、実店舗のあり方。存在意義の再定義から、店舗運用・管理の経営改善にいたるまで、とても裾野の広い 有店舗事業者 や それを取り巻くビジネス関連の

【News&広報】株式会社GRoooVE が 乗り換えキャンペーンを開始!

日本でのRetailNext施工実績 ダントツ No.1 の 株式会社GRoooVEが、「他社製ピープルカウンター(カメラ型)からの“乗り換え”キャンペーン!」を開始。 店頭になんらかの、ピープルカウンター/トラフィックカウンターと呼ばれる カメラ型のモノがついておられる 有店舗事業者さま向けに、RetailNextが自社開発している AIセンサーカメラ Auroraへ乗り換えて頂くことで、50%ディスカウントができるかもしれないチャンスです! 詳しくは、こちらからどうぞ

【News&広報】株式会社GRoooVE が 本日 5月18日 - オフライン店舗内の人の動線を数値化する分析ソリューション「POPS」を正式にローンチ。

日本市場での RetailNext 導入店舗数実績 ダントツNo.1 株式会社 GRoooVE が、【店舗DX戦略】オフライン店舗内の人の動線を数値化する分析ソリューション「POPS」を正式にローンチ。 ここに至るまでの背景 (RetailNext 広報 の 考察) RetailNext Japan 立ち上がった 2015年。日本で最初に RetailNextの取扱いをはじめてくださったのが、株式会社 GRoooVE 代表 田村さんでした。 2011年に創業。以来、AI

スキ
2

RetailNext 本社 関連情報

この度、RetailNext (https://retailnext.net/)の Webサイト が、 本社 米国 シリコンバレー リニューアルされました。 現在、日本語ページは、鋭意作成中!ということで、 簡単なRetailNextのご紹介を、こちらのBlogサイトで行いたいと思います。 こちらの ”マガジン” では、 それでは、「会社の始まり」 から「世界でのRetailNextでの活動」などをまとめます。

すべて見る
  • 3本

【PR/News】第10回RetailNext Executive Forum ~ 業界のリーダーたちが集結。ともに 語る ”小売業の未来について”

ショッパー分析と実店舗型小売インテリジェンスの世界的リーダーであるRetailNext は、第10回RetailNext Executive Forum(世界の業界リーダーやトップ専門家が集結。店舗型小売の将来について話し合う限定招待制イベント)を開催いたしました。 この3日間のイベントは、2022年6月1日-3日 カリフォルニア州ナパバレーのメリテージ・リゾート&スパにて、開催いたしました。 RetailNext 共同創業者兼 CEO の Alexei Agratchev

【参加情報】7/12 & 13 - THE LEAD Innovation Summit | Broooklyn, New York🍎

少しずつ でも 確実に、日本でも 世界でも ”人と会う” ・ ”同じ場所” ・ ”となり同士で” が どれだけ幸せなことか、話題になり、リアル イベントが戻ってきたように感じます。 わたしたち は 6月1日‐3日 で 2年越 の RetailNext にとって 年間で1番大きなイベントを、ナパで開催いたしました。 ▼ RetailNext Executive Forum に 関する記事  7月12日 - 13日 には、Broooklyn, New York🍎で行われる、

【News】RetailNext 本社 Webサイト リニューアル

この度、RetailNext (https://retailnext.net/)の Webサイト が、 本社 米国 シリコンバレー リニューアルされました。 現在、いままであった日本語ページがないので、 簡単なRetailNextのご紹介を、こちらのBlogサイトで行いたいと思います。 それでは、「会社の始まり」 から「何をしている会社なのか?」、 「日本市場ではどのような活動をしているのか?」などをまとめます。 会社の始まり 2007年に 米国 シリコンバレーにて、C

スキ
2

応援企画!

新たな生活様式に合わせた、お店作りをお手伝いしたい。その想いで、有店舗事業者の皆さまへの応援企画開始します!

すべて見る
  • 8本

『人流抑制より、人数制限』って、どうやるの?

2022年 1月20日 『人流抑制より、人数制限』と  ニュース が 発表されました。 ▼ Nikkei.com より 人数制限 と 言われても 何を指標にしたらいいの?こんな 問い が たつのではないか? と 想ったりもしています。 それは、『何を 基準に しきい値をひいて、制限をかけるのか?』 という 視点につながると思うからです。 Social Distance ( ヒト と ヒト の間の距離)が、2m以上の間隔だと、飛沫が飛んでも相手に/自分に 届きにくい。ゆえ

スキ
2

メディア掲載 :最新市場調査レポート『After/With コロナで加速する ニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場』by 富士キメラ総研

いつまでが、Withコロナ であり、いつからが、After コロナなのか・・・。 まだ明らかにならないと想っています。 『After/With コロナで加速する ニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場』と題された市場調査レポートが、2021年 2月26日に、富士キメラ総研により発刊されました。 (このレポートに関する、詳細・問合せ先は、こちら を ご覧ください。) - 取材内容の背景として ‐わたしたち RetailNext は 2020年の間も、そして、今年

スキ
6

【事例&広報】RetailNext × ナノ・ユニバース 公式アプリ で " 来店しても、安心してショッピング " はじめます。

 「こんな時だからこそ、お気に入りのお店に行きたい! でも・・・混雑状況が気になる」 に 応えます。 " 来店しても、安心してショッピング " 公式アプリを通して、混雑状況の視える化を開始いたします。 ■ 背景ナノ・ユニバース 各店舗では、来店時にお客さまのマスク着用のお願い、 従業員の検温・マスクの着用 や フィッティングルームの消毒など、様々な工夫を行ってまいりました。 緊急事態宣言後、引き続き、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の 感染対策は、個

スキ
2

メディア掲載 :WWDにて、ShopSafe(非営利団体)設立までの経緯。

わたしたち RetailNextは、 みなさま の 店舗 本格営業再開の支援を行うことに注力した、 米国で非営利団体 ShopSafe を 設立いたしました。 ※ この活動は小売だけに限らず、  『スポーツ や エンターテイメントなどのイベント会場、  交通の要所(空港や駅など)、博物館、他の公共施設 等』  多くの場所で活用されはじめています。 2020年6月23日に、WWD(Women's Wear Daily)にて、設立までの経緯が掲載されました。 ▶オリジナルのW

スキ
2
  • 1本

皆さんが考える「令和に求められるお店の役割」を投稿してください!

  少し前になりますが、6月12日付の日経朝刊1面トップは、国内の小売りの店舗数が減っているというニュースを伝えました。 国内にあるコンビニ、スーパー、百貨店などの直近の店舗数が2018年末と比べて1%減りました。右肩上がりで増えてきたコンビニも出店が鈍っています。これまでも個人経営など小さな店は減ってきていましたが、ここへきて大手も店舗を減らし始めた、という内容です。 これまで小売りの成長を支える原動力だった店舗が、日本の人口が減っていることや、ネット通販が広がっているこ

スキ
35