見出し画像

店内混雑状況把握 で 『安心と安全』 を

新機能リリース予定:"実店舗のリアルタイム混雑状況の視覚化"

小売実店舗の顧客行動分析企業 のリテールネクストは、リアルタイムに店内の混雑状況を把握できる機能をリリースいたします。

Withコロナ・Afterコロナ への 店舗運営基準 とは?

新型コロナウイルス(COVID-19) からの市場回復を目指すに伴い、
「Withコロナ ・ Afterコロナ をどうするのか?」も、施策や議論が加速しています。その中で、ひとつ確実なことは、『安心と安全』をどう売り場で提供するのか。これが今まで以上に重要な基準になる と 考えます

私たち、リテールネクストは、
1日でも早い小売業界の回復支援を目的に、事業者のみなさまが、来店客数の分析・実際の店舗のリアルタイム混雑率を把握するための追加機能を発表します。テクニカルな詳細は、5月下旬に追ってご案内予定です。

なぜ、この機能を今リリースするのか?

新型コロナウイルス(COVID-19) は小売業にも、かつてない影響を与えています。Withコロナ・Afterコロナの買い物客の購買行動に、小売事業者のみなさまと共に、わたしたちも、新たな店舗の『在り方』を模索するのだと考えます。
これからの買い物客は、『どのように安全を確保して、売り場で買い物をしたら良いのか?』に、より関心が集まるでしょう。
それは、どのような小売事業者さまでも(日用品などの小売店さまから、ファッションやデパートの業態など様々)、関係してくると思うのです。
だからこそ、買い物客にとって、”これから出かける場所(店舗)と店内混雑状況のデータ” が、より重要になってくる。

と、アレクセイ・アグラチェフ (CEO) は 小売業界を支える企業として各所で説明を始めています。

▶ 追記 5/25: 緊急事態宣言 全面解除にむけて。
▶ 是非、こちら も ご一読ください。

緊急事態宣言解除にむけて

"実店舗のリアルタイム混雑状況" を 即座に把握できる機能。そのメリットとは?

画像1

店舗の ”混雑率分析” により、小売事業者さまは ”場所* x 最大入店人数 の 設定” を できるようになります。
(場所* とは、各店舗 や 事前に設定した店舗グループなど)

この新たな機能として追加される、リアルタイム混雑状況分析は、
来店するお客さまに有益である情報であると同時に、店舗で働く従業員のみなさまの安全確保店舗運営上 指標となる情報という観点でも、とても重要であると考えます。

この機能が単に精度の高いデータ取得だけでなく、特筆すべきポイントは2つあると考えます。

1つ目は、私たちのお客様やパートナー企業が、リテールネクストのインターフェイスをAPI連携が出来ること。

たとえば、事業者のみなさまが、既にお客さま向けのアプリの展開をされていらっしゃるとしたら、そのアプリを上で、実店舗の混雑状況をお客さまへリアルタイムに表示していくことができます。
もちろん、表示方法は、入店客数の実数だけでなく、パーセントでお示しし、上記の色分けのように、直感的に表現することが可能です。

2つ目は、小売事業者のみなさまが、社内のITチームやパートナ企業と取り組むことで、仮想キューイングアプリ、顧客向けデジタルサイネージ、労務・タスク管理ツールなどのエンドユーザーアプリケーションの構築が出来ること。

同時に、従来機能である、店舗スタッフと本部の、従来の各店舗の目標などを自動化する環境を提供できるようにしておくことも、現場スタッフの方が、より現場に集中できる店舗運営として、ますます重要になるとも考えます。

私たちは、グローバルパートナーのエコシステムの拡大に注力しています。パートナーの強み と わたしたちの強み を かけわせていくことで、よりよいサポートをエンドユーザ―へ提供ができ、イノベーションが起こる取り組みが出来ると思うのです。

とも、パートナーシップの統括である、ゴンサロ・デ・カラルトが、USリリースの中で話しています。

【リテールネクストについて】

Eコマーススタイルのショッパーアナリティクス(顧客分析)を行う、初のテクノロジー プラットフォーム。リテールネクストは、実店舗に特化した先駆的な企業です。

従来からアフターデジタル の ショッピング体験の最適化を実現します。
リテールネクストは、一元化されたSaaSプラットフォームを通じて
買い物客の行動データを自動的に収集・分析し、小売業者に洞察力を提供することで、リアルタイムで顧客体験を向上させることができます。

90カ国以上の500社以上の小売業者が、既存店の売上を向上させるため や リスクを軽減し、無駄なコストを削減すること、ショッパー・ジャーニーをよりよく理解するために、リテールネクストの分析ソフトウェアとリテールの専門知識を駆使しています。

リテールネクストは、カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。
詳細は、www.retailnext.net をご覧ください。

RetailNext Inc.およびRetailNextは、米国におけるRetailNext Inc.の商標です。
なお、本文は、リテールネクスト ジャパンとしてのリリースになります。
本件のUS プレスリリースの本文は、こちら

↓ 問合せ情報 ↓

ご質問・ご相談 お気軽にお送りください。
 デモ実演リクエスト:こちらから。
 広報関連:pr_jp@retailnext.net
 その他: info_jp@retailnext.net


ご興味・質問など、何かあれば、お気軽にご連絡ください。お待ちします!
6
私たちは、シリコンバレー発 ”従来のカスタマージャーニーを、テクノロジーを使うことで超えて行ける” 『実際の店舗に来店する顧客行動データの可視化』小売 x Tech 企業です。 ”『店舗分析ソリューションベンダー』の 私たちだからこそ” の コンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

応援企画!
応援企画!
  • 6本

新たな生活様式に合わせた、お店作りをお手伝いしたい。その想いで、有店舗事業者の皆さまへの応援企画開始します!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。